忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
今朝方に見た夢




朝、出勤の前に

家の近くにある ホームセンターに立ち寄る。

レジには なぜか 図書館の館長と 司書の女性が立っていて

司書の女性が レジを打っている。

二人は、図書館で主に働きながら ホームセンターでアルバイトをしているらしい。

(かなり強引な設定。夢にありがち。)



私の買い物は なんだか覚えていないが、(180円だったかな)小さくて安いもの。

財布を出そうとして、あれ?バッグがない。

家に忘れてきたのだろうか・・・取りに戻ると、出勤の時間がギリギリになる・・・

一瞬 いろいろ考えて、結局 お金(バッグ)を 取りに帰ることにした。

ホ-ムセンターの入り口まで戻ると、なんとそこに 私のバッグが落ちていて

財布が 外に転がり出ていた。

「なんで、こんなところに?・・・」

まあ、家まで帰らなくて済んだから、なんとか仕事には間に合うなと思って

もう一度レジに並ぶ。

すると、レジにいた 図書館司書の女性が、館長に

「早く出ないと、仕事(図書館の)、間に合いませんよ。」

と、言っている。

館長は 私に こう尋ねた。

「ここから 図書館まで 何分くらい かかる?」

私は、「私の家から10分くらいですね。」

と、答える。(なぜ、「ここから」ではなく、「私の家から」と答えたのか不明)

「今、52分か。なら、間に合うな。」

と言って、館長は急いで出て行った。




目が覚めてから、

そうそう 司書の名前は 確か「森さん」で、館長の名前は「林さん」

ああ、森林か・・・と、一人つぶやいた。

図書館は、ある意味 森林のような場所だ。

本が 紙でできている という事以上に。






拍手[0回]

PR
子どものころからの仲良しで、現在薬剤師をしている友人がいる。

久しぶりに、夢に彼女が出てきた。

彼女は、正十二面体の枠組みだけの多面体を

スッポリと 頭に被っている。

枠組みだけだから、なんとか顔は見えるが

なんで そんなものを被っているのか、さっぱりわからない。

「中枢神経は・・・云々・・・」

と、彼女は多面体を被ったまま 説明を始める。

何の説明なのかも よくわからない。

確か、私の問いかけに対して彼女が応えたのだったと思う。

そうだ、思い出した。その場には

私の高校時代の友人たちが数人(4~5人)集まっていて

私がみんなに何か問いかけたのだ。こんな風に・・・

「この中で、シリーズものにする予定の人はいませんか?」

そうしたら、彼女がすっと片手を挙げて・・・

私たちが彼女を見た時、彼女の首から上はスッポリと多面体に覆われていたのだ。

「シリーズもの」と「中枢神経」と「正十二面体」の係わり合いについては

全く不明。




拍手[1回]

髪の長い女が

「ついてきて」

と、言って BMWを 走らせた

私は、あわてて 自分の車に 乗り込み

彼女のあとを 追った

カーレースのような 場面が 続く

直線の広い道路から いきなり 右折する BMW

あとを追う 小さな 白い車

見通しの良い 下り坂が しばらく続く

が、その先には 5~6人の歩行者が 見える

横断の途中らしい

BMWは 全くスピードを落とす気配もない

「何をするつもりなんだ?・・・危ないじゃないか!」

と、思う間もなく BMWは その人影のかたまり目掛けて 突っ込んでいく

「待て!!!」

これは、私の夢なんだ

人を撥ねさせてたまるか

BMWは 急ブレーキをかけ スリップしながら 人影をよけて

・・・消えた

安堵する私

それにしても

彼女は いったい 何をしたかったのか?

数年前の正月の 初夢に出てきた 幽霊の女が

久しぶりに こんな形で 夢に登場とは




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

昨夜は、全く夢を見ないで 9時間ばかり

ぶっ通しで 眠った

実際には、どこかで 軽く夢を見たのだろうけれど



その前の夜は、朝までずっと 夢を見続けていた

実際には、どこかで ぐっすり眠り込んではいたのだろうけれど



夢を見続ける夜というのは とても長い

起きているのと なんら変わらないような 時間感覚があって

目覚めたときも 眠る前と同じくらい

(日中 活動したあとと同じくらい)

疲れている



でも、この 夢を見続けた夜が終わると

何かが 自分の中で変化を起こしたらしいのが なんとなく わかる

潜在意識(と言っても、きっと浅い部分)が 整理を行って

すっきり 組み換えが起きたような 気分だ



そして、翌日の夜は 夢も見ないで ただただ 眠る

おそらく 少しは深く入ったところの 潜在意識が 

浅い部分の変化の影響を受けて 何かしら 変化したのだろう

この領域は 自分ではわからないからこその「潜在意識」なものだから

そんなことが 本当かどうか

まったくもって わからない



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[1回]

割と大き目のビルの 7階に 

私は 一人で住んでいる

隣には、他に 一組の男女が住んでいるだけで

静かなフロアーだ

隣に住む女性は、まだ若くて綺麗な人だ

とても親切で、私に色々とお世話をしてくれる

「寒いから 冷やさないようにね」

と、湯たんぽを持ってきたり

「ちゃんと 食べなきゃね」

と、食事を用意して持ってきてくれたり・・・



すぐ下の 6階は 全面 厨房になっている

1階が レストランで、6階が 厨房って、遠過ぎないか?

そのビルには、階段やエスカレーターはなくて

どうやって 昇り降りするかというと

ダストボックスみたいな 穴が壁に開いていて

そこに体を 頭から(足からでもいいのだろうけど)突っ込むと

行きたいフロアーに 出る



まあ、変な夢だけど

ちょっと気がかりだったのは

7階に住む私が なんだか アクセクしてるような

部屋も 散らかっていたし、落ち着きがない・・・

みたいな感じだったこと



散らかった部屋を見るのは、現実でなくても(夢であっても)

気分の滅入るものだ

っていうか、それ(夢と現実)、同じだから



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]