忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156
砂浜を 歩いていた

足が 砂にめりこんで 重い

おまけに 眠くて眠くて たまらない

右手に 松林が 

左手に 灰色の海が 

果てしなく 続いている

足も 頭も フラフラだ

左手に 握り締めていた鍵を 右手に持ち変えて

右のポケットに ねじ込むように 入れた



もう限界だと 思ったのだ

体が 前のめりに 倒れていく

砂の上に 突っ伏しながら

右手で ポケットの中の鍵を 確かめる

「この鍵だけは 決して 失うわけにはいかないのだ」

そう 心で呟いて 私は 眠った



そんな夢だった



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]