忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
血管が 皮膚の上から 青っぽい緑に見えるのが

不思議だった

中の血は 真っ赤な鮮血

それは 疑いようのない事実だし

体が温まると 皮膚に赤みがさしてくるのも

血液の赤を 反映してのことだと すぐに察しがつく

なのに どうして 血管は 青っぽい緑に見えるのだろう?

血管の外側の皮膜が 青いのだろうか?

そんなおかしなことが あるものか



補色というのは どうやら一筋縄ではいかないらしい



おそらく

人間の肌の色というものは

内側から押し上げ 拡張する「赤」と

外側から押し下げ 縮小する「青緑」の

その拮抗する色なのでは ないか

それが 拮抗している場所が 皮膚なのではないか



極めて速い速度で 明滅する灯りが ずっと点きっぱなしに見えるように

肌も、赤と青緑の 絶えざる振動が 

全体として「肌色」に見えているのではないか



皮膚の上から見る血管が 青っぽい緑に見えるのは

きっと 血液の赤を上部から なにものかが押していて

それは 血液とは反対の なにものかであり

だから、そのものの色が 赤の補色になっているのではないか



人間の肌の色は 皮膚という物質の表面に付着した色のはずがなく

その人の なにか生命の記憶のようなものを 

色合いというもので 現しているようにも 思う



 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]