忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その部屋には 男女合わせて

十数人 いただろうか

みんなが 大笑いをしたのは

アチャチャチャチャー・ラチャチャチャー

とかなんとかいう 意味不明の呪文

それを唱えながら、全員が大爆笑

お腹をかかえ、涙を流し、大笑いしているところで

目が覚めた

時計の針は、ピッタリ3時を示している

廊下で 猫の鳴き声がした

部屋に招きいれ、ふとん中で 猫を抱いた

廊下は 寒かっただろう

そのとき、頭はすっきりクリアーに冴えてしまったから

さっきの夢を 忘れないように 何度も反芻したのに

いつの間にか また眠り、朝になったら

夢の最後のシーン(冒頭に書いた部分)しか、覚えていなかった

けっこう長い夢だったのに

けっこう面白い夢だったのに

ちょっとザンネンだ

たしか、呪文そのものが 「笑い」だったというか

「笑い」そのものが 呪文だったような・・・

何かを解き放つ「働き」があるのだとかなんだとか

ああ、思い出せない

天の岩戸っぽい雰囲気が ないでもないような・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]