忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[200]  [195]  [199]  [198]  [197]  [196]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝方に見た夢




朝、出勤の前に

家の近くにある ホームセンターに立ち寄る。

レジには なぜか 図書館の館長と 司書の女性が立っていて

司書の女性が レジを打っている。

二人は、図書館で主に働きながら ホームセンターでアルバイトをしているらしい。

(かなり強引な設定。夢にありがち。)



私の買い物は なんだか覚えていないが、(180円だったかな)小さくて安いもの。

財布を出そうとして、あれ?バッグがない。

家に忘れてきたのだろうか・・・取りに戻ると、出勤の時間がギリギリになる・・・

一瞬 いろいろ考えて、結局 お金(バッグ)を 取りに帰ることにした。

ホ-ムセンターの入り口まで戻ると、なんとそこに 私のバッグが落ちていて

財布が 外に転がり出ていた。

「なんで、こんなところに?・・・」

まあ、家まで帰らなくて済んだから、なんとか仕事には間に合うなと思って

もう一度レジに並ぶ。

すると、レジにいた 図書館司書の女性が、館長に

「早く出ないと、仕事(図書館の)、間に合いませんよ。」

と、言っている。

館長は 私に こう尋ねた。

「ここから 図書館まで 何分くらい かかる?」

私は、「私の家から10分くらいですね。」

と、答える。(なぜ、「ここから」ではなく、「私の家から」と答えたのか不明)

「今、52分か。なら、間に合うな。」

と言って、館長は急いで出て行った。




目が覚めてから、

そうそう 司書の名前は 確か「森さん」で、館長の名前は「林さん」

ああ、森林か・・・と、一人つぶやいた。

図書館は、ある意味 森林のような場所だ。

本が 紙でできている という事以上に。






拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]