忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[221]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214
朝霧の なか

一台の 白い車が、一軒の 建物の前に 停まった

それは まるで

霧の一部が とつぜん 車に変身したかのように 見えたものだ

白い服の 若者が、車から降りて

白い門の前に 立つ



建物の中では

ガラスの窓を 通して、娘が それを見ている

若者からは 娘の姿が 見えないらしく

自分を 見つけてもらいたい とでもいうように

しばらく その場で 立ち尽くし

窓を 見上げていたが

やがて、あきらめたのか

若者は ふたたび 車に 乗り、白いもやのなかに 消えていった



声の出ない 娘と

建物の中が 見えない 若者は

そうやって、たった一つの 出会いを 喪ってしまった



「酷い話だと 思わないかね」

耳元で そんな声がして

誰が 私に そう問いかけたのか


わからないままに

私は、黙って うなずいた




 

拍手[1回]

PR
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]