忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

川が どこで生まれたか

わたしは 知らない



川が 流れる決心をしたときのことも

わたしは 知らない



水の恩恵を ただ ありがたく いただくばかりの人生というものに

そろそろ おかえしを したくなった



鮭が 次代の命を 産みつけるために

生まれ故郷の 川を 遡るように

みずからの皮膚が どれだけ傷もうと 省みもせず 遡るように



わたしという川が どこで生まれ 

どうやって 流れる決心をするに至ったかを

知りたくなった

次代の命を 生み落とす場所は 

始まりの場所以外には 考えられないから



湧き出る泉か

はたまた 天から降り注ぐ雨によるものか

わたしの出自を わたしは 知らない



どちらにせよ 始まりは 一滴の水

もしも 辿りつけたなら 

あらたな ひとしずくとして よみがえりたい




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]