忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夢の中にも 音楽は ある

荘厳な 交響曲を 聴いたとき

これは、地球が奏でているのか・・・と

しばし 感動に震えた

もちろん、それは 今までに聞いたことのない 曲だった

夢なのに、完璧だった


また、別のとき

夢で歌をうたったり、ピアノやギターを弾こうとしたことが

何度かあるが

声が出なかったり、声(音)を出しているのに聞こえなかったりと

不完全きわまりない 結果だった

「なんでこんなにヘタクソなんだ~!」と

夢ながら 情けなく腹立つような気持ちに なったものだ

多分、私は 自分の肉体を もっと使いこなせるように

なりたいのだと 思う

音楽は 天界から 地上へと、人間の肉体を使って下ろしてくるものなのだろう

地上と天上を 結ぶものとしての 音楽は

人間の肉体なしには ありえないものだと 思う

まだまだ あまりに拙い 自分の腕を、指を、喉を

そのために 使いたい

「捧げる」という言葉は 適切ではないかもしれないが

いつだって、音楽は 天界から地上に 贈られて

地上から天上へと 再び還るものとして 

捧げられるのだと 思う




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]