忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
バスに揺られて 見知らぬ町を 走っていた

見覚えはないが 懐かしさを感じる 

昭和が平成に切り替わる前後の 日本の田舎町

そう、あの頃、確かに何かが 切り替わった

バブルの絶頂期から 崩壊へと まっしぐらに走った頃

バスは そこを 走っていたのだ

ただ、わからないのは

もう一度、なぞるように走っているのか

それとも、過去へと急スピードで 巻き戻しているのか

そこらへんが わからない

それでも、窓から見える風景は 懐かしく

活気づいているところが また 寂しかった





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]