忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一昨日、「忘れ物」の夢を 見た。

「忘れ物」の夢は 私の 定番の夢の一つで

いつも 何故か 「体操服」を忘れて 焦る、慌てる・・・という内容だ。

場所や状況が 変わっても、常に 忘れ物は「体操服」だった。

ところが、一昨日は 違った。

私は 体操服を 忘れたことに さほど関心を 持たなかった。

「そんなこと、私は 恐れてなどいない!」・・・と、夢の中で 宣言した。



少し説明すると

現実で、学生時代 私は あまり 忘れ物を しない方だった。

(今は 物忘れは しょっちゅうだけど)

幼稚園のとき、一度 お弁当を 忘れて

家まで 一人で 取りに 帰ったことがある。

それ以来、私は 忘れ物に関して すごく 敏感になり

夜 寝る前に 翌日の準備を 必ずするようになった という経緯がある。

そんなこともあって、過去に(小学校、中学校、高校、大学で)

少なくとも「体操服」を 忘れたことは 一度も ないはずだ。


「体操服」というのは、なにかの 比喩なのだと 思う。

何の比喩かは、今のところ わからないが

ひとまず、心が少し 軽くなった。



その翌日(昨日)は 夢を 見なかった(覚えていない)

そして、今朝がた 見た夢では

ある男に 「もう二度と ここに来ないでくれ」と 言い放ち

男を 部屋から 追い出した。

次にやってきた ある女にも、「勝手にここに 入らないでくれ」と

はっきりと 言うことができた。

これまでの夢では、どうしても 断れなかったことだ。

よく言った!・・・と、自分でも 思った。









拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]