忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
跪き 額ずく姿は

神を敬う 敬虔な心を現す ポーズの一つかもしれません

しかし・・・です

もしや あなたは

神を対象として 見てはいないでしょうか?

この物質世界ではないにしても 

どこかに「非物質的存在」としての神を 想っているのなら

それは 偶像崇拝と 意識において なんら変わるところはありません

いくら声高に

「神は私の中にいる」

「神は心の中にいる」

と、叫んだとしても

「私の中」 あるいは「心の中」という

一つの余計な想像的世界を 増やしたにすぎません



吸い込まれそうなほど まっ青な空に

しばし 身をあずけていると

小鳥のさえずりや 木々の音が そっと囁いてきます

物の手前に私はいない・・と



物と私の間に キョリはなく 空気もなく

中心と周縁が いつでも交代可能な 「関係性」を見るなら

それが、「神」かもしれません

だから

跪き、額ずくよりは

空を見て、微笑む方が 私は好きなのです


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]