忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨年、蛙が浄化のシンボルであると知った その翌朝

出勤しようと外に出た私を


車のボンネットの上で 待っていてくれたのは


一匹のアマガエルだった。



その姿を見た瞬間、私の心は

十数年前の ある朝に飛んでいた。






その頃、次男は幼稚園に通っていた。

いつものように、自転車で次男坊を幼稚園に送っていこうとしたら


自転車の前カゴの縁に、一匹のアマガエルが・・・。




カエル好きの次男坊は喜んで、

「カエルと一緒に幼稚園に行く!」と言う。


落ちちゃうといけないので、ちゃんとカゴの中に入れて


次男坊は意気揚々と自転車の後ろに乗った。




幼稚園までの道のりを カエルが楽しんだかどうかはわからないが


次男坊はしきりに後ろから私に声をかけた。


「カエル、乗ってる?」


「乗ってるよ。」


信号で止まっても、踏み切りで止まっても


カエルは前を向いたまま、静かに乗っていた。




幼稚園に着いて自転車を止めると、


次男坊が飛び降りるのと同時に


カエルも自分でカゴの縁に跳ね上がってから、園庭に跳ね下りた。


まるで到着地点を知ってたかのようで、おかしくて


かわいくて、一緒に歩いていくカエルと次男坊を


ほほえましく見送った。






そんな出来事が、一瞬のうちにフラッシュバックして

今、まさに


私の車のボンネットで、発進を待っているカエルは


あの時のカエルのようで(個体としては違う蛙だというのは分かっているが)


私は、カエルを乗せたまま 車を走らせた。


途中、振り落とされることも、自ら下りることもなく


カエルは無事、私の職場に到着。





駐車場に車を停めたとき、カエルはまだ動かずにボンネットの上にいた。


車のドアを開けたとき、私は何人かの人に「おはようございます」と声をかけられて


「カエルがね・・・」と、相手にとっては、わけのわからないことを口走ってしまい


あわててカエルをボンネットから下ろし、その後を見守ることもせず


同僚たちとその場を去った。


ちゃんと見送らなかったことや、話しかけなかったことが


心残り。


でも、カエルは、そんなことにも きっとお構いなしで


浄化のサインを送ってくれたのだと思う。




だいぶ遅くなったけど、ありがとう!




拍手[1回]

PR
長い間、記事の更新が滞っていました。

このブログは、私の夢日記を基本にしています。

見た夢そのままではなく、若干の手を加え、お話ふうにしています。

古い夢を思い出し、それを書く場合もあるし

その日に見た夢を日記として書き留めている場合もあります。

古い夢も、思い出したときが何かのサインであることが多いし

また、古い夢の意味が ストンと腑に落ちるような出来事に合う場合も

記録として 書いています。

ところで

更新が途絶えている間も、夢を見なかったわけではありません。

記録しておきたい衝動にかられる夢も しばしばありましたが

ブログという場所(一般公開される)に書くことに 

抵抗を覚えるような内容の場合もあり、ひかえていました。

(たとえば、首を絞められる夢とかが あるわけです。

 具体的に描写するのは、ためらわれました。)

そうこうする内に、ブログ全体(ここ以外のブログも含めて)の見直しをしたくなり

しばらくホッチッチになっていました。

まあ、自分のために書いている夢の記録としてのブログなのですが

なんだか、こう、ちょっと違う方向から書けないものか・・・と。

今もまだ、具体的な形では思いつかないままですが

夢の話を、また再開したいと思います。














拍手[0回]

子どものころからの仲良しで、現在薬剤師をしている友人がいる。

久しぶりに、夢に彼女が出てきた。

彼女は、正十二面体の枠組みだけの多面体を

スッポリと 頭に被っている。

枠組みだけだから、なんとか顔は見えるが

なんで そんなものを被っているのか、さっぱりわからない。

「中枢神経は・・・云々・・・」

と、彼女は多面体を被ったまま 説明を始める。

何の説明なのかも よくわからない。

確か、私の問いかけに対して彼女が応えたのだったと思う。

そうだ、思い出した。その場には

私の高校時代の友人たちが数人(4~5人)集まっていて

私がみんなに何か問いかけたのだ。こんな風に・・・

「この中で、シリーズものにする予定の人はいませんか?」

そうしたら、彼女がすっと片手を挙げて・・・

私たちが彼女を見た時、彼女の首から上はスッポリと多面体に覆われていたのだ。

「シリーズもの」と「中枢神経」と「正十二面体」の係わり合いについては

全く不明。




拍手[1回]

髪の長い女が

「ついてきて」

と、言って BMWを 走らせた

私は、あわてて 自分の車に 乗り込み

彼女のあとを 追った

カーレースのような 場面が 続く

直線の広い道路から いきなり 右折する BMW

あとを追う 小さな 白い車

見通しの良い 下り坂が しばらく続く

が、その先には 5~6人の歩行者が 見える

横断の途中らしい

BMWは 全くスピードを落とす気配もない

「何をするつもりなんだ?・・・危ないじゃないか!」

と、思う間もなく BMWは その人影のかたまり目掛けて 突っ込んでいく

「待て!!!」

これは、私の夢なんだ

人を撥ねさせてたまるか

BMWは 急ブレーキをかけ スリップしながら 人影をよけて

・・・消えた

安堵する私

それにしても

彼女は いったい 何をしたかったのか?

数年前の正月の 初夢に出てきた 幽霊の女が

久しぶりに こんな形で 夢に登場とは




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

旧暦の 今年の初夢は

やっぱり「猫」だった

赤い首輪に 銀の鈴

窓ガラスの向こうに 透けて見える 

柔らかな 猫の姿態

少しは 自由になれたのだろうか・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


拍手[0回]

プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]