忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニマルメディスンの セッションを受ける前のこと

アニマルメディスンのことを 知りたいと思い

まずは 本を買ってみた。

『アニマル スピーク』(テッド・アンドリュース 著)

『スピリット・アニマルの見つけ方』(ディビッド・カーソン 著)

の 二冊。

一通り 読んでみたが、どうも ピンと来ない。

(自分とのつながりが 見えないままに ただ読んでも 

知識としてしか 入ってこない。)

でも、2冊目の本の中に

「自分のスピリット・アニマルを見つける方法」の一つとして

「夢に 現れてもらう」というのが あった。

おお、これなら なんか できそうだ・・・と、思った私は

その夜、即 実行。

(ただ、会いたいという思いを持って 眠るだけですが)

さっそく 出てきてくれたのが「角のある 牡鹿」だった。

左向きに ただ 立っているだけの 姿で

物静かで 重厚な 感じ。(奈良公園の鹿とは 全然違う、野生の鹿)



「エルク」の画像検索結果

(画像は、ネットで拾ったもので、夢ではまっすぐに左を向いていた。) http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/40/32/a311f62d011fa1e63c7cf17444b218c5.jpgより


目が覚めてから 思い出したのは、かつて 山で見た 野生の鹿のことと

人間(私)と山(自然、野生)とのつきあいに 関すること・・・

これは、『鹿の夢から』という記事(2017年1月9日)に 書いた。

今、その記事を 読み直してみると、

「私が自然(野生)に ずっと昔から どれだけ憧れているか」が 書かれていて

やはり、今、そこなんだな・・・という 思いがした。

アニマルメディスン ホイールで、下の位置に「牡鹿」が出たとき

やはり・・・という気持ちが まず、した。



そして、メディスンホイールの 中央の位置が「羚羊」であると

告げられたとき、「レイヨウ」・・・?

さっぱりイメージがわかず、天海さんに 詳しく解説していただき

ほほう、なるほど、なんかすごいメディスンが 中央にいるんだあ!!

みたいな気持ちには なったものの

自分とのつながりが 他の動物たちのようには 見えてこなかった。



夜、ネットで 羚羊(レイヨウ、アンテロープ)のことを調べていると

あれ?・・・この 画像は・・・

あの夢で見た、「牡鹿」に 似ているじゃないか・・・と。

天海さんも、見た目は「鹿」に似ていると おっしゃていたが

そういえば、角が、牡鹿みたいに枝になってなかったような・・・。

もしかして、こちらが あの夢に出てきた アニマル?


2007_0129test10012

(画像は http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfbgx603/newpage17.html より)

ネットで拾った画像なので、右向いているし、重厚感はあまりないけど

私の夢に出てきた動物に、けっこう近い。

調べてみると、「カモシカのような脚」という時の「カモシカ」は

レイヨウのこと なのだそうだ。そりゃあ、間違っても仕方ないか。

ちなみに ニホンカモシカと、カモシカ(レイヨウ)は 別物。


そんなわけで、私の夢に出てきてくれた アニマルメディスンは

「鹿」なのか「羚羊」なのか、ちょっと今のところ はっきりしないのだが

いずれにせよ、ちゃんと出てきてくれたあたりは、スゴイことだなあと思っている。

牡鹿にしろ、羚羊にしろ、日頃なじみのない動物なので

今の私には まだ 何も よくわからないけれど

ずっとずっと 長いあいだ、私と共に 歩んでくれていたことだけは

確かなことだと 思っている。



拍手[0回]

PR
ゆうべ 深夜に

ひさしぶりに 野良猫が うちの庭にやってきたらしく

ウチの猫と なんだか もめている 声が聞こえて 目が覚めた。

時計も見ずに すぐに また眠ったから、時間は わからない。



そのあとに 見た夢が

ハチャメチャの しっちゃかめっちゃかで、意味不明。






西の離れで 寝ているはずの 猫が さわいでいる 声がするので

(ここは、多分 現実の猫の鳴き声が そのまま影響している)

見に行くと、その部屋の 南の窓ガラスが 割れて

窓も 全開になっている。

猫の姿が 見えない。窓から抜け出したようだ。

「ヤバイなあ。サッシ屋(ガラス屋)さんに 電話して 直しにきてもらわなきゃ。」

と、思っていると

その部屋が、以前 住んでいた家の 西の寝室に なっている。

(コガネグモが ×印の巣をかけた あの部屋だ)

開けっ放しの 南の窓から 外を見ていると

姪っ子が、パパラッチに 付きまとわれているのが 見えて

私は 彼女を 家に入れる(パパラッチの男性も ついて入ってきた)。



そのあと、家ほどの大きさがある 巨大なサル(ゴリラではない)が 

東から西に向いて 歩いていくのが 窓から 見えた。

続いて 巨大なゾウも のっしのっしと サルに続いて 歩いている。

まだ ゾウの後ろに 何体かの 巨大な野生動物が 歩いてきていて

大きさは、どれも 家(小さめ平屋)一件分くらい。

めちゃ デカイ。



巨大なサルが いきなり振り向いて 巨大なゾウに 立ち向かった。

なんだか 怒っている様子。

ゾウだって 負けてはいない 感じで・・・。

「これ、ムチャクチャだわ・・・。」

と、窓の内側から 眺める私。






夢は、もうちょっと ゴチャゴチャしていたが

はっきり 覚えているのは、だいたい こんなところ。

「パパラッチ」と、「家一軒分の大きさ」「野生」

という辺りが なにやら 手がかりになりそうな 雰囲気がある。


それにしても、象が 夢に出てきたのは 初めてだ。



拍手[0回]

何年前だったか、

知り合い(女性)が 龍を見たのだ という話を してくれた

その話を 別の知り合い(男性)にすると

その人も 龍を見たことがある と言う。

なに なに~?!  龍を見ただと~?!

私は うらやましくなって 

夢でなく、現実世界で 彼らのように 龍を見たいものだと 思った。



すると、庭の水道のあたりに ヘビが一匹 ニョロニョロ。

「なんだ、私には(龍ではなくて)ヘビかあ。ガッカリ・・・」

と、口には出さなかったけれど しっかり 思った。



それから間もなく 別の場所でも 

ヘビの ニョロニョロ 這う姿を 2~3回 見かけた。



ウチは 田舎だから、ヘビをその辺で 見かけるのは

特別 珍しいことではないが

それにしても、タイミングが 良すぎた。

それで またもや

「わかったよ。私には、とにかく ヘビなんやね。 龍ではなく・・・」

と、心で 呟いた。

ガッカリの気持ちは、確信的な ガッカリで

つまり、

「お前には 龍は 百年早いわ!」 的な 感じ・・・。

龍は 格上、ヘビは 格下・・・みたいな 二元論的価値観に 

しっかり 染まっている 私が よく 見えた。




アニマンダラで ヘビ(及び ヘビ様動物)についても 学んだ。

蛇は 爬虫類だが、蛇のボディプランを持つ 蛇様動物は 

種が違っても 魂を共有する 同じ 霊統なのだとか。

たくさんある 特徴の中で、少しだけ 抜き出してみる。

・前後軸を持つ、最も古い体。空間性を作り出した存在。

・生命力が強く、生命のシンボル。

・大地との結びつきが 強く、地下世界のシンボル。

◎生きる意志、方向を表し、生命が持つ情動的創造力のシンボル。

◎世界に存在する 最も古く 根源的な 動物神。

これだけ読んでも、「どうです? なかなかのもんでしょ、蛇も。」

と、ヘビが 言いそうだ。



アニマンダラでは、蛇と絡めて 龍についても 解説があり

これがまた、感動的だった。

今回は「ヘビ」の話なので

龍については また 機会があれば 書いてみようと思う。



ところで、上記の出来事が 起きる前に

私は「ヘビの姫」の物語を描いていた。

自分的には、全く無関係だと思っていた(結びつけて考えたこともなかった)が

案外、関わりの深いものだったかもしれないと 今頃 思う。



大きな 砂時計のような 砂の渦の中に 飛び込んで

二度 生まれ変わるが、いつも 似たり寄ったりの人生になってしまい

今度こそは・・・と、三度目 砂の渦に 飛び込んだところで

目が覚めた・・・そんな夢を見たことが きっかけで

生まれた 物語。

よろしければ どうぞ。

 ↓

『借物語』




拍手[0回]

最近、夢だけでなく

現実に起きた アニマル関係の シンクロ話なども 書くようになりました。

アニマンダラの天海さんの 勧めもあって

カテゴリーに「どうぶつ」の項目を 作ることにしました。

今までは、カテゴリーは あってないようなもの でしたので、

確かに これで 見やすくなりそうです。



過去の 夢記事の中でも 特に動物に関係するような 記事は

そこに 入れ直そうと 考えています。

ついでに、植物に関する記事も 「しょくぶつ」のカテゴリーを作り

そこに 振り分けようと 思います。



記事の数が それなりに多いので、全部 読み返して

振り分け直すのには 多少の時間が かかるかと 思います。

ボチボチ やっていきますので

ご興味ある方は また 見てやってください。







拍手[0回]

前の記事に 引き続き

足に絡んで 思い出した夢のこと。

2013年の 秋のことだった。

私は ある 仕事のビジョンを思いつき、姉に相談したことがあった。

姉は、

「とにかく、あちこちに 種を蒔いておいでよ。

蒔かぬ種は 生えんと言うからなあ。」

と、すぐに動き出すことを 勧めてくれた。

そこで 私は、思いつく限り 自分の話を聞いてくれそうな人のところに

足を運んだ。

しかし、全く進展はナシで、こりゃあダメか・・・

と、あきらめの気持ちで 寝た日に見た夢。






脚の、ひざ下が全部、何かに覆われている。

見ると・・・ギャ~!!

私の足に 小さなスミレ色の花が 所狭しと たくさん咲いていたのだ。

でも、よく見ると、その花は ビロードでできた造花だった。

「ああ、やっぱり、種は どこにでも蒔けばいいってもんじゃないのだな。」

と、反省したものだった。





あれから4年。

庭のラベンダーが 今年は とりわけ よく 花をつけ

美しく咲いている。

マジマジと 一つの茎を 引き寄せて 見たら

それは・・・あの夢の ビロードでできた造花に そっくりで

そうそう、こんなふうに 咲いてたのよ! と、

ラベンダーの花の部分が 自分の脚のように見えて

あれえ? と

ビロードでできた 造花のような ラベンダーの花 なのか

ラベンダーの花みたいな 造花だったのか

よく わからなくなってきた。






拍手[0回]

プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]