忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [202]  [203]  [201]  [200]  [195]  [199
何年前だったか、

知り合い(女性)が 龍を見たのだ という話を してくれた

その話を 別の知り合い(男性)にすると

その人も 龍を見たことがある と言う。

なに なに~?!  龍を見ただと~?!

私は うらやましくなって 

夢でなく、現実世界で 彼らのように 龍を見たいものだと 思った。



すると、庭の水道のあたりに ヘビが一匹 ニョロニョロ。

「なんだ、私には(龍ではなくて)ヘビかあ。ガッカリ・・・」

と、口には出さなかったけれど しっかり 思った。



それから間もなく 別の場所でも 

ヘビの ニョロニョロ 這う姿を 2~3回 見かけた。



ウチは 田舎だから、ヘビをその辺で 見かけるのは

特別 珍しいことではないが

それにしても、タイミングが 良すぎた。

それで またもや

「わかったよ。私には、とにかく ヘビなんやね。 龍ではなく・・・」

と、心で 呟いた。

ガッカリの気持ちは、確信的な ガッカリで

つまり、

「お前には 龍は 百年早いわ!」 的な 感じ・・・。

龍は 格上、ヘビは 格下・・・みたいな 二元論的価値観に 

しっかり 染まっている 私が よく 見えた。




アニマンダラで ヘビ(及び ヘビ様動物)についても 学んだ。

蛇は 爬虫類だが、蛇のボディプランを持つ 蛇様動物は 

種が違っても 魂を共有する 同じ 霊統なのだとか。

たくさんある 特徴の中で、少しだけ 抜き出してみる。

・前後軸を持つ、最も古い体。空間性を作り出した存在。

・生命力が強く、生命のシンボル。

・大地との結びつきが 強く、地下世界のシンボル。

◎生きる意志、方向を表し、生命が持つ情動的創造力のシンボル。

◎世界に存在する 最も古く 根源的な 動物神。

これだけ読んでも、「どうです? なかなかのもんでしょ、蛇も。」

と、ヘビが 言いそうだ。



アニマンダラでは、蛇と絡めて 龍についても 解説があり

これがまた、感動的だった。

今回は「ヘビ」の話なので

龍については また 機会があれば 書いてみようと思う。



ところで、上記の出来事が 起きる前に

私は「ヘビの姫」の物語を描いていた。

自分的には、全く無関係だと思っていた(結びつけて考えたこともなかった)が

案外、関わりの深いものだったかもしれないと 今頃 思う。



大きな 砂時計のような 砂の渦の中に 飛び込んで

二度 生まれ変わるが、いつも 似たり寄ったりの人生になってしまい

今度こそは・・・と、三度目 砂の渦に 飛び込んだところで

目が覚めた・・・そんな夢を見たことが きっかけで

生まれた 物語。

よろしければ どうぞ。

 ↓

『借物語』




拍手[0回]

PR
プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]