忍者ブログ
森に続く小径を今日も往く。その森の奥深く、生命の泉があふれるところ。思い出すように、懐かしむように、足裏をしっかりと地につけて、歩む。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

卓上で

携帯電話が 震えて

   四月には ここまで 来てもらいたい・・・

と、見知らぬ 女の声。

   そこは どこ?

   それは、貴女が 探すのよ

わけのわからない 電話に 付き合っていられるものか

そう 思ったのも 束の間

長年 使っている お気に入りの 白い洋皿を 見た途端

私は 思い出した。

この皿は、たしか あの頃 親しくしていた 女友達から いただいたものだ。

あの頃、通っていた あの場所のことか?

峠を二つ越え、谷から平地に うねって流れる 川沿いを 

小一時間 走ると 小さく 町が 見えてくる。

四つある橋 のうち、三番目の橋を 渡り

桜の木の ある 寺を 横目に 通りすぎれば

不動明王を祀る あばら家に 突き当たる。

あの頃というのは、たしか 1989年から 1990年にかけての 2年間

妙に、不動明王が つきまとう 2年間だった。

あっちでも こっちでも お不動さんが 顔を出す。

真言を唱える 声明が 私を迎えるように 響いていた

あの時代に

明日から 向かう ということなのだな。

地の底の ずっとずっと 奥底の 体の芯から 揺すぶられた

あの時代を 見るところまで

ようやく 戻ってきた ということなのだな。



拍手[1回]

PR
一昨日、「忘れ物」の夢を 見た。

「忘れ物」の夢は 私の 定番の夢の一つで

いつも 何故か 「体操服」を忘れて 焦る、慌てる・・・という内容だ。

場所や状況が 変わっても、常に 忘れ物は「体操服」だった。

ところが、一昨日は 違った。

私は 体操服を 忘れたことに さほど関心を 持たなかった。

「そんなこと、私は 恐れてなどいない!」・・・と、夢の中で 宣言した。



少し説明すると

現実で、学生時代 私は あまり 忘れ物を しない方だった。

(今は 物忘れは しょっちゅうだけど)

幼稚園のとき、一度 お弁当を 忘れて

家まで 一人で 取りに 帰ったことがある。

それ以来、私は 忘れ物に関して すごく 敏感になり

夜 寝る前に 翌日の準備を 必ずするようになった という経緯がある。

そんなこともあって、過去に(小学校、中学校、高校、大学で)

少なくとも「体操服」を 忘れたことは 一度も ないはずだ。


「体操服」というのは、なにかの 比喩なのだと 思う。

何の比喩かは、今のところ わからないが

ひとまず、心が少し 軽くなった。



その翌日(昨日)は 夢を 見なかった(覚えていない)

そして、今朝がた 見た夢では

ある男に 「もう二度と ここに来ないでくれ」と 言い放ち

男を 部屋から 追い出した。

次にやってきた ある女にも、「勝手にここに 入らないでくれ」と

はっきりと 言うことができた。

これまでの夢では、どうしても 断れなかったことだ。

よく言った!・・・と、自分でも 思った。









拍手[0回]

朝霧の なか

一台の 白い車が、一軒の 建物の前に 停まった

それは まるで

霧の一部が とつぜん 車に変身したかのように 見えたものだ

白い服の 若者が、車から降りて

白い門の前に 立つ



建物の中では

ガラスの窓を 通して、娘が それを見ている

若者からは 娘の姿が 見えないらしく

自分を 見つけてもらいたい とでもいうように

しばらく その場で 立ち尽くし

窓を 見上げていたが

やがて、あきらめたのか

若者は ふたたび 車に 乗り、白いもやのなかに 消えていった



声の出ない 娘と

建物の中が 見えない 若者は

そうやって、たった一つの 出会いを 喪ってしまった



「酷い話だと 思わないかね」

耳元で そんな声がして

誰が 私に そう問いかけたのか


わからないままに

私は、黙って うなずいた




 

拍手[1回]

肥沃な 平原に住む、「ひとつ」という 存在が

ある時 旅に出ようと 思い立った。

海に 向かうか それとも 森へと 入ってゆくか

それは 大きな問題として 「ひとつ」の前に 立ちふさがった。

「ひとつ」は 苦渋の選択を 迫られ

自分自身を ふたつに 割ることを  ついに決意した。

分割された片方は 海を渡り 新天地へ

もう片方は 森の奥深くへと 進むことにした。

いつか また 出会うときが来たなら

互いの 体験を 語り合い、重ねあい

再び 「ひとつ」になることを 約束して。



どちらの旅も、月の指し示しを 導きとした。

海に浮かぶ 月のしるしは 

森にかかる 月のしずくとなって 

遠く離れた 場所に、一つの 結合の萌しを 示し続けたのだ。



その点、太陽は 役に立たなかったばかりでなく

大きさも また 当時は 月の比ではなかった。

信じられないのも 無理はないが

今ある 太陽は

海を渡ったものと 森の奥深くに突き進んだものが 

遠い遠い 旅路の果て

やがて 再び 出会った 後に 

こんなにも 大きくなったのだから。



海を渡った方が ミナ と呼ばれ

森に入った方を ノコと 呼ぶ ならわしができたのは

分割の事実が 忘れ去られ、神話になってからのことで

その古い神話も、太陽が 巨大になるにつれ

月は その反射でしかないと 捉えられるようになってしまい

ついに、新しい太陽神話に 取って代わられた。



もう 誰も 古い神話を 知らない時代と なったのだ。



いつの時か、どこの場所かも定かでないが

海の民と 森の民は 再び 出会ったはず なのだが

そのときの記憶は 風が 持ち去ったまま

行方知らずと なっている。



別れた 時の 記憶なら、かすかに ある。

なのに・・・

約束が 果たされたはずの、その瞬間が 思い出せなくて

だから・・・ 

こうして 誰もが、月夜の 風に吹かれると

言い得ぬ 恋しさを 覚えるのだ。

傍に 何人 人がいようと おかまいなく

淋しさは 一人ひとりの鼓膜に 個別に 訪れる。



いつか、どこかで 出会ったはずの 記憶を求めて

あの 別れの かすかな記憶を 頼りに

彷徨う、完璧を潜在的にもった 断片たち。










拍手[3回]

屋根の上から

蛙のような 鳴き声が 聞こえて

見上げると

軒先に 一羽の イソヒヨドリが・・・



蛙だと 思った その声は

イソヒヨドリの 警戒と威嚇 の声だったのだ

雛のいる 巣に 何ものかが 近づいたのだろう



それから 数日たった日の 午後

窓の下に

イソヒヨドリが ぐったりと うな垂れて

死んでいるのを 見つけた



あれだけ 毎日のように

イソヒヨドリの 鳴き声を 聞き

彼らの姿を 何羽も 何羽も 見ているのに

そのムクロを 目にしたのは

初めてのことだった



そこで

思い出したことが 二つ ある



一つめは

家の庭で メジロのムクロを 見つけたときのこと




もう一つは

姿の見えない 鳥の鳴き声を 聞いたときのこと



昔、川のそばに

雷に打たれて 黒こげになり

根元に ごっそりと 大きな穴のあいた 木があって 

その木は、もう 死んでいるように 見えたものだが

葉っぱ一つ つけない 枯れた枝々に

どこからか 鳥が 飛んできた



突然、大きく響き渡る 声で 鳴き始めたものだから

私は 驚いて、木を見上げた

枝には 一枚も 葉っぱが なくて

小さな虫なら ともかく

鳥が 隠れられる場所は ないはずだ



なのに、どこにも 鳥の姿が 見えなかった

でも、鳴き声は 間違いなく その木の上方から 聞こえたのだ

鳥は ずっと 同じ調子で 鳴いていた

私が 今まで聞いたことのない メロディーだった

今 思えば、あれは イソヒヨドリに 間違いない
 
なぜ、あのとき イソヒヨドリだと 思わなかったのかが

不思議なくらいだ

イソヒヨドリは いろんな鳴き方を する

ということを 失念していた



昨日 イソヒヨドリの ムクロを見て 

そのことに 気がついた

おそらく

イソヒヨドリのムクロ と その気づきの間に 

私の あずかり知らぬ ネットワークが 張り巡らされたのだろう

伝言に次ぐ 伝言に次ぐ 伝言・・・

いくつもの 伝言を経て

私に もたらされたものが

今は、まだ 見えない




今日も、イソヒヨドリの 声が 

夕暮れの空に 響いている

伝言 伝言 伝言・・・






拍手[1回]

プロフィール
HN:
きさらぎ
性別:
女性
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/04 ×丸]
[02/20 you]
[01/23 u]
[12/25 ふう]
[12/16 u]
カウンター
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]